カテゴリー
肌トラブルの対策・改善方法

ピーリング後に肌荒れ!?どうする!?ピーリング後のケアで解決する方法

ピーリング後に肌荒れを起こさない方法、ピーリングで肌荒れを起こした場合のケア方法を学んだ女性のイメージ写真

ピーリングを行うと、お肌がツルツルのモチモチになって美肌になり喜んでいる人も多いと思います。しかし、ピーリング後のケアを間違えると肌荒れを起こす可能性があります。

また、スキンケアをしているのに、ピーリング後に肌荒れが起こったという人もいるかと思います。ここでは、ピーリング後に肌荒れが起こった人の注意点や必要なスキンケアの方法を紹介します。

ピーリングで肌荒れが起こった人はもちろんですが、今後、肌荒れを起こしたくない人も美肌を目指す為に参考になると思います。

 

 

ピーリングの効果と肌荒れが起こる原因とは!?

ピーリングは、正しく使えば肌荒れを起こさずに、肌を綺麗にすることが出来ます。

特に、ピーリングは、健康な肌の場合には、皮膚の表面にある古い角質を取り除くことができます。

古い角質が増えると毛穴を塞いでニキビや黒ずみ、毛穴の開き、シミ、ソバカス、くすみなどの肌の悩みの原因を起こす可能性があります。

この為、古い角質を取り除くということは、特に問題はないのです。

 

肌が荒れる原因とは!?

適度なピーリングを行うのは良いのですが、ピーリングをやり過ぎると、必要以上に皮膚の表面を削って、皮膚が薄くなってしまいます。

皮膚の表面には角質層という部分があります。この角質層は、0.03ミリと言ったように非常に薄いのですが、肌の乾燥を防いだり、外からの刺激を防いだりと肌を守っています。

この薄い角質層が必要以上に薄くなりすぎると、皮膚の自然な保湿効果を発揮している皮脂や天然保湿成分などがピーリングで削られてしまいます。

そうすると肌のバリア機能が低下するので、肌が乾燥しやすくなり、肌荒れやニキビなどが起こりやすくなります。

 

肌が弱っている時にピーリングをすると肌荒れを起こす!?

ピーリングは、肌の表面を削るスキンケア方法です。この為、非常に刺激が強いスキンケアの方法なので、肌が弱っている時には刺激が強くなりすぎます。

この為、肌荒れを起こしている時には、ピーリングを行うと、ピーリング後に肌荒れがひどくなる可能性があります。

特に、赤くなっているような炎症を伴うような肌荒れを起こしている場合には、ピーリングでケアすると炎症がひどくなるので、ニキビが悪化します。

肌荒れをおこしている場合には、ピーリングの刺激で肌の状態が悪化するので注意が必要です。

 

ピーリング後の肌荒れが起こった場合の対処方法

ピーリング後に肌荒れが起こった場合には、どのような対策、ケアをすればいいのか紹介します。

まずは、ピーリングは行わないで様子を見るのが基本です。その上で、化粧品もできれば使用を控えたいです。どうしても化粧をする必要がある場合には、肌に優しいモノを選んだり、化粧を薄めにする必要があります。

洗顔も肌への刺激になります。朝はぬるま湯だけで洗顔をします。夜のみ肌に優しい洗顔料を泡立てて、泡洗顔をします。肌荒れがヒドイ場合には、洗顔料も使わずにぬるま湯だけで洗います。

このように、肌の刺激になるピーリング、クレンジング、洗顔などは出来るだけ使わずに、肌の回復を待つのが基本的なピーリング後の肌荒れを起こした場合のケア方法です。

 

肌荒れ時は、肌を守る保湿が大切

肌荒れを起こしている場合には、肌を守るのが大切です。この為、化粧水などで必要な栄養を肌に与えた後は、シッカリと保湿を行う必要があります。

肌が乾燥すると、どうしても肌荒れやニキビなどが悪化しやすくなります。その為、いつも以上にシッカリとした保湿成分が配合されている乳液やクリームを選択すると良いです。

具体的には、最強の保湿成分と言われているセラミド配合の乳液やクリームを使うと良いです。セラミドは、湿度がゼロ度でも皮膚の水分が蒸発しません。また、気温がマイナス20度になっても水分が凍りません。

このように、シッカリと保湿が出来る成分を保湿に取り入れることで、肌の乾燥を防ぐことで、肌細胞の回復を早める手助けをすることが出来ます。

 

ピーリング後の肌荒れを起こさない為に大切な事とは!?

ピーリングを行った後に肌荒れを起こさないためには、まずは、ピーリングを利用する前に、自分の肌の状態を再チェックする必要があります。

もしも、肌が乾燥気味であったり、少し肌が弱っている場合には、ピーリングをするのは控えましょう。

また、ピーリングを使用する頻度は、パッケージなどに決められた頻度を守る必要があります。肌が特に弱い人の場合には、規定回数よりも十分に期間をあけてからピーリングを行うようにします。

 

まとめ

ピーリングを利用する場合には、頻繁に使い過ぎないのがポイントです。元々、ピーリングは、肌への刺激が強いスキンケア方法です。その為、調子にのって使い過ぎると肌のバリア機能が低下します。この為、十分に期間を空けて利用しましょう。

また、乾燥肌や敏感肌の人は、元々、肌が弱っているので、ピーリングの利用は注意が必要です。ニキビや肌荒れなど、肌トラブルがある人も同様です。

このように、ピーリング後に肌荒れを起こす場合には、自分の肌が弱っている場合には、利用をやめます。また、肌が元気な時でもピーリング後には、キチンとケアを行うのが大切です。

カテゴリー
肌トラブルの対策・改善方法

顔や鼻の毛穴の角質ケアで、汚れを取る・除去する方法【まとめ】

鼻や顔の毛穴の角質ケアで、気になる角質を取る、除去する方法を学んだ女性のイメージ写真

気になる顔や鼻の毛穴の角質ケアをして、黒ずみを除去し、角栓を取る方法を紹介します。

毎日、キチンとスキンケアして顔や鼻の角質を除去して取る為に、クレンジングや洗顔、化粧水、保湿などを行っていても角質ケアが出来ていない人が、綺麗な毛穴を手に入れるために参考になる情報を紹介します。

今まで、毛穴の角質除去が上手く出来ていない場合には、再素、ここで紹介する内容を参考に、スキンケア方法を見直してもらえればと思います。

 

 

角質とは何か?

顔や鼻で気になる毛穴の角質を取るケアを行うためには、まずは、毛穴に詰まっている「角質とは何か?」と言った事を知っておく必要があります。

毛穴に詰まっている角質は、正確に言えば「角栓」です。角栓には、皮脂(脂分)や角質(タンパク質)、チリやホコリ、汗などが混ざって出来ています。

その中で、特に古い角質であるタンパク質が70%も含まれています。この為、蒸しタオルやオイルクレンジングだけでは、毛穴の角質を溶かして取り出すことは難しいです。総合的に毛穴ケアのスキンケアをして角質を取る努力をする必要があります。

 

顔の鼻の毛穴の角質除去で角質ケアに大切な点とは!?

顔や鼻の気になる毛穴の角質除去を行い、綺麗な毛穴にする為には、何をする必要があるのかを紹介します。

毛穴の角質を取る為には、下記のような事を行う必要があります。

    毛穴の角質を除去する為に大切な事

  • 毛穴の角質を傷つけずに取り除く
  • 角質が過剰に出ている根本原因を取り除く
  • 肌の状態を良くして毛穴に角質が詰まりにくくする

以上のように、毛穴の角質を肌を傷つけずに取るケアを行います。さらに、毛穴の黒ずみや詰まりの原因になっている角質が出る原因を防くケアも同時に行う必要があります。

その上で、根本的に毛穴の角質の除去を行う必要がない、毛穴に汚れが詰まりにくい綺麗な肌を手に入れる為に健康な肌にする必要があります。

 

毛穴の角質のケア、除去を行う方法

毛穴の角質ケアを行うためには、クレンジングや洗顔で、汚れを落とすことも大切ですが、洗顔やクレンジングだけでは、簡単には、毛穴の角質除去は難しいです。

クレンジングは、油性の汚れを落とすのには適していますが、タンパク質が多く含まれているので洗顔やクレンジングだけでは綺麗にすることは難しいです。

その為、ピーリングや酵素洗顔など、古い角質を取り除くことが出来るスキンケアを取り入れる必要があります。

 

クレンジングや洗顔の注意点

クレンジングは、化粧などの油汚れを落とすのに適しています。洗顔料は、汗やホコリ、チリなどの汚れを落とす為に使えます。

汚れを落とすのは、毛穴の角質ケアにも大切です。汚れを落としておかないと汚れが毛穴に詰まる原因になるので、毛穴の角質除去の基本です。

しかし、クレンジングや洗顔は、時間をかけてゴシゴシしてしまうと、肌の保湿に必要な脂質なども取り除くことになり、肌の乾燥や肌トラブルの原因になるので、注意が必要です。

 

顔や鼻の毛穴の角質を除去する為に必要な習慣

顔や鼻の毛穴の角質が出来る原因は、肌への刺激が強いスキンケアをしていたり、肌が乾燥、敏感肌になっているなど、何かしら問題があるスキンケアや生活習慣をしているのが原因です。

 

毛穴の角質が出来る原因とは?

具体的に毛穴の角質が出来るスキンケアや生活習慣は、下記のようになっています。

  • クレンジングに時間をかけている
  • 洗顔に時間をかけている
  • 洗顔やクレンジングでゴシゴシ、顔を洗っている
  • スクラブ洗顔を使っている
  • 洗顔ブラシを使っている
  • 熱めのお湯で洗顔している
  • 保湿が不十分、保湿をしていない
  • 紫外線対策、UV対策をしていない
  • 睡眠不足である
  • 偏った食生活をしている
  • ストレスが溜まる生活をしている
  • お肌のターンオーバーが乱れている

上記のようなスキンケアや生活習慣をしている場合には、見直すことで、毛穴の角質が溜まるのを予防することが出来ます。

 

クレンジングに時間をかけている

クレンジングは、メイク落としに使いますが、基本的にメイクの油分の汚れを落とすのに適しています。ただし、時間をかけると自然の肌の保湿成分の皮脂まで取り除いてしまうので、手短にクレンジングは終わらせる必要があります。基本的にクレンジングは1分以内に済ませるのが目処です。

 

洗顔に時間をかけている

洗顔は、汗、チリ、ホコリなどの汚れを落とすのに必要です。ただし、洗顔に時間をかけすぎると肌への負担になります。肌に優しい洗顔料を使っていても、洗顔は、洗浄剤なので、時間をかけても1分半程度で終わらせる必要があります。

 

洗顔やクレンジングでゴシゴシ、顔を洗っている

洗顔やクレンジングを行うときに、汚れをシッカリと落とす為に、顔や鼻をゴシゴシと擦る人がいますが、ゴシゴシと顔や鼻をこすると、肌へのダメージとなり、肌が弱って、肌荒れなどの肌トラブルを起こす原因になるので注意が必要です。出来るだけ、優しく、肌に負担がかからないように、洗顔、クレンジングを行う必要があります。

 

スクラブ洗顔を使っている

スクラブ洗顔には、粒々が入っています。このツブツブが皮膚に付いている汚れを取り除く効果があります。しかし、スクラブ洗顔の粒々が、顔や鼻の皮膚を擦って、ダメージになるので、お勧めできません。

 

洗顔ブラシを使っている

洗顔ブラシを使うと、毛穴の角質汚れが落としやすく、肌がきれいになると人気ですが、肌への負担になり、皮膚に余分なダメージを与えている可能性があるので中が必要です。

 

熱めのお湯で洗顔している

クレンジングや洗顔を行った後には、熱めのお湯を使うと、クレンジングや洗顔料を簡単に落とせて便利です。しかし、熱めのお湯で、顔をゆすぐと、皮膚の保湿の為に必要な皮脂まで、洗い流してしまい、肌が乾燥しやすくなります。その為、熱いお湯ではなく、ぬるま湯で洗い流す必要があります。

 

保湿が不十分、保湿をしていない

クレンジング、洗顔を行い汚れを落とした後に、化粧水で必要な栄養を与えるだけでスキンケアを終えている人もいるようです。化粧水を付けただけでは、肌に水分を与えただけで、保湿が出来ていないので、スグに肌が乾燥しやすくなります。

もしも、保湿をしていないと、皮膚は乾燥から肌を守る為に、皮脂の分泌を過剰にするので、毛穴の詰まりの原因になります。その為、毛穴の角質を除去したい場合には、角質ケアの意味でも保湿はシッカリと行う必要があります。

 

紫外線対策、UV対策をしていない

紫外線の刺激は、肌の老化や劣化の原因になります。この為、日焼け止めやUVカット対策などは、シッカリと行う必要があります。

 

睡眠不足である

人間は寝ている間に、成長ホルモンが分泌されて、肌細胞の成長を促進します。しかし、寝不足になっている人は、成長ホルモンの分泌が十分に行われていないので、肌の状態がよくない可能性があります。その為、毛穴の角質ケアにも寝不足が悪影響をしている場合があります。

 

偏った食生活をしている

人間は、食べたものでカラダが作られています。その為、偏った食生活をしていると肌に必要な栄養が足りないので、肌の状態が悪くなることがあります。

 

ストレスが溜まる生活をしている

ストレスが溜まっている生活を続けていると、自律神経のバランスが悪くなり、体内のホルモンバランスなどにも関係します。その結果、スムーズに肌細胞の生まれ変わりが出来なくなり、肌の状態が悪くなり、毛穴の角質が出来やすくなる可能性があります。

 

お肌のターンオーバーが乱れている

お肌のターンオーバーとは、肌細胞の生まれ変わりの周期です。基本的に加齢とともにお肌のターノーバーが遅くなります。その為、古い角質が皮膚の表面に残るので、角質が毛穴に詰まりやすくなります。また、古い角質が多いと皮膚が硬くなり毛穴に詰まった角栓が自然には取り除きにくくなります。

 

鼻や顔の毛穴の角質を取る、根本的な角質ケアに重要な点とは!?

毛穴の角質を除去する為には、クレンジングや洗顔など、汚れを落とす必要があります。これは、汚れを取り除いて、新しい毛穴の角質の汚れを作らないようにする為です。

また、肌の状態を良くする為に、クレンジングや洗顔を適切に使うのも大切です。しかし、クレンジングや洗顔だけでは、毛穴の角質を取るのは難しいです。その為、角質の原因になっている角栓(古いタンパク質)を取り除く為にピーリングを定期的に行うのが効果的です。

ピーリングを定期的に行い、古い角質を取り除くと、新しい若い皮膚が出てきます。若い皮膚は、モチモチでプルプルなので、毛穴に詰まった角質が除去しやすい肌環境になります。

 

角質除去に効果的なピーリングとは?

ピーリングは、酸性の薬剤などを使って、皮膚の表面の古い角質を溶かすスキンケア方法です。皮膚を溶かすと聞くと怖いイメージを持つ人もいるかと思いますが、最近では、出来るだけ肌に悪いモノを使わず、低刺激で、美容成分を含んでいるピーリングジェルも市販されています。

古い角質をピーリングで取り除くことで、若い肌を皮膚の表面に出すことによって、毛穴に詰まった角質が自然に取れやすくなります。この為、洗顔やクレンジングで、角質、角栓が落ちやすくなります。

また、古い角質を取り除くことで、皮膚が一時的に薄くなるので、ピーリング後は、化粧水や美容液の栄養が浸透しやすくなります。その結果、毛穴の角質除去がしやすくなり、鼻や顔の角質ケアにも効果が出来ます。

 

まとめ

顔や鼻の毛穴の角質除去をする為には、普段の洗顔やクレンジングなどで、皮膚の汚れをキチンと落とし、肌を綺麗に維持しつつ、ピーリングで角質ケアを行うことで、根本的に角質が自然に取る事が出来やすい健康な美肌を手に入れるのが大切です。

カテゴリー
肌トラブルの対策・改善方法

ホホバオイルで毛穴の黒ずみ肌の角栓を効果的に取る使い方【まとめ】

ホホバオイルで毛穴の黒ずみや角栓のある肌に効果的な使い方と使用方法をイメージした写真

ホホバオイルで毛穴の黒ずみや角栓肌を効果的に取り除くことが出来る使い方や使用方法をまとめて紹介します。

ホホバオイルは、ツゲ科の多年草の種から抽出して作られた天然のオイルです。ホホバは、砂漠地帯に生息している食ずつで、砂漠と言った乾燥する地域でも水分を保持することが出来るオイルです。

この保湿成分を美容に使うと言うことで、肌の保湿や髪のケアとして利用できることで、スキンケア用品として注目を集めているオイルです。

 

 

ホホバオイルお特徴とは?

ホホバオイルの一番の特徴は、人間の肌の皮脂に近い成分なので、安全性が高く、人体への安全性が確認されています。

また、ホホバオイルは、酸化しにくいオイルなので、防腐剤を入れる必要がありません。その為、肌への刺激が少ないので、肌ケアに使いやすいです。

 

ホホバオイルの毛穴の黒ずみへの効果

毛穴の黒ずみは、皮脂や垢、チリやホコリが毛穴に詰まり、酸化した為、黒くなっています。このように、毛穴を塞いでいる物質を角栓と言います。

角栓には皮脂が含まれているので、似た成分のホホバオイルを使うことで、毛穴の黒ずみの主成分である角栓を落としやすくする働きがあると言われています。

毛穴の黒ずみや汚れを浮かせて取り除きたい時に、ホホバオイルを使うのも効果的なスキンケア方法です。

 

ホホバオイルの使い方で注意する点とは!?

ホホバオイルで、毛穴の黒ずみや角栓を取り除く為には、顔に塗って、マッサージをする時には、肌を擦らないように注意します。

肌をゴシゴシと擦ってしまうと、肌への刺激となり肌トラブルを起こす可能性があります。

もしも、ホホバオイルでマッサージをしている時に、オイルが足りなくなったら途中からオイルを足しながら行うと良いです。

 

毛穴の黒ずみをホホバオイルでケアする使い方・使用方法とは!?

毛穴の黒ずみ、角栓を効果的に取り除く為にホホバオイルの使用方法、使い方を紹介します。

    ホホバオイルの使い方・使用方法の手順

  • 毛穴を開かせる
  • ホホバオイルを塗る
  • マッサージする
  • ホホバオイルのパックをする
  • 拭き取る
  • 洗顔する
  • 化粧水、美容液を使う
  • 保湿する

以下に、ホホバオイルの使い方、使用方法の手順で紹介した内容を、それぞれ詳しく紹介します。

 

毛穴を開かせる

毛穴の黒ずみ、角栓を取り除く為に、まずは、蒸しタオルや半身浴などで、黒ずみが気になる毛穴を暖めて開かせます。

毛穴が開いている状態で、ホホバオイルを使うと、より汚れを浮かせ安くなるので効果的です。

 

ホホバオイルを塗る

ホホバオイルを適量、手に取ります。目安としては500円玉ぐらいです。手に取ったホホバオイルは、両手で暖めてから毛穴の黒ずみが気になる部分に塗ります。

ホホバオイルを暖めて使うことで、毛穴の黒ずみや角栓の皮脂と馴染みやすうなります。

 

マッサージする

ホホバオイルを塗ったら、チカラを入れないで、優しく指の腹でマッサージして、皮脂とホホバオイルをよく馴染ませます。マッサージ時間の目安は2分から3分程度だと言われています。

 

ホホバオイルのパックをする

さらに、汚れを落とし、皮脂とホホバオイルを浸透させる為に、5分から10分程度、ホホバオイルでパックして放置します。

 

拭き取る

パックが終わったらホホバオイルを拭き取ります。拭き取るのは、蒸しタオルやティッシュでいいのです。ただし、ホホバオイルを拭き取る時は、ゴシゴシと擦らないように注意しましょう。

 

洗顔する

ホホバオイルでのマッサージとパックが終わり、拭き取った後は、洗顔料で洗顔します。洗顔時も手で、ゴシゴシと擦るのは厳禁です。基本的に、洗顔料をシッカリと泡立てて、泡で毛穴の汚れを吸着する方法の洗顔を行うのが、毛穴に優しく安全な洗顔方法です。

 

化粧水、美容液を使う

毛穴の汚れや黒ずみ、角栓をホホバオイルと洗顔で取り除いたら、毛穴を引き締める収れん化粧水や、毛穴に効果がある化粧水を使います。

お肌の新陳代謝を促進したり、皮脂の分泌をコントロール、肌のハリを取り戻したい場合には、ビタミンC誘導体が配合されている化粧水や美容液を使うと良いです。

 

保湿する

最後に保湿をします。ホホバオイルや洗顔料で、毛穴の黒ずみや角栓を取り除いても、そのままにしていると、肌が乾燥し、逆に皮脂の分泌が過剰になり、結果として、毛穴の黒ずみや開きがひどくなる可能性があります。

この為、余分な皮脂の分泌を抑える為にも、肌の乾燥を防ぐために、最後に保湿はシッカリと行う必要があります。

特に乾燥肌が原因で皮脂の分泌が激しくなっている場合には、保湿はシッカリと行うためにセラミド配合の化粧品で保湿をすることがオススメです。

 

セラミドとは?

セラミドとは、最強の保湿成分と言われています。セラミドは、人間の皮膚にも、元々ある成分ですが、湿度が0度でも水分を抱え込んで乾燥させません。

また、気温がマイナス20度になっても、水分を凍らさずに保持できるので、最強の保湿成分と言われています。

この為、セラミド配合の化粧品をシッカリと塗ると、決められた時間は、肌の乾燥をシッカリと防いで、保湿して乾燥から肌を守ってくれます。

 

セラミド配合の化粧品を使う場合の注意点とは!?

セラミド配合の化粧品は、効果がシッカリとあるのですが、その分、価格は高くなっています。だいたい、3000円以上です。この為、安いモノを選んで購入する人もいますが、安物は、使われているセラミドの成分が良くない場合があるので注意が必要です。

また、もったいないので、塗る量を規定量より少なく塗る人もいます。決められた量のセラミドを塗らないと、保湿効果も十分に発揮しないで、肌が乾燥する危険性があります。

セラミド配合の化粧品を塗る場合には、使用量はケチらずに、キチンと塗って、シッカリと保湿をする必要があります。

セラミドの詳細はコチラのページ

 

短期間での効果は期待しない

ホホバオイルは、毛穴の黒ずみや角栓の原因の脂質に近い油なので、肌に優しく使えます。

気になる毛穴の黒ずみは、硬くなっているので、チカラをいれて擦っても摂れません。この為、チカラを入れずに、継続してホホバオイルを馴染ませて、時間をかけて行う必要があります。

焦って、毛穴の黒ずみや角栓を取ろうとすると、皮膚を擦ったり、無理なスキンケアをしてしまうので、逆に肌に刺激を与えてしまう可能性があります。

また、効果がでないことに焦ると、ストレスが溜まる原因にもなります。ストレスは溜まりすぎると自律神経のバランスを崩し、お肌にも良くないので、初めから焦らずに気長に取り組むのがオススメです。

 

年齢経過で新陳代謝が落ちていませんか!?

人間は、年齢の経過とともに新陳代謝が落ちてしまいます。新陳代謝が落ちると、肌細胞が新しく生まれ変わるまでの時間も若い時と比べると長期間が必要になります。

このお肌の生まれ変わりのサイクルを、お肌のターンオーバーと言います。皮膚では、肌の少し奥で、新しい肌細胞を作っています。そして、時間の経過とともに肌の表面に上がってきて、最後は、垢として剥がれ落ちます。

加齢によってお肌のターンオーバーが遅くなると、肌の表面に古い角質が溜まり、肌が硬くなります。また、古い皮膚が肌に残っているので、シミやくすみも目立ちやすくなります。

そして、古い角質は、毛穴に詰まって、皮脂と混じって、毛穴の黒ずみや角栓の原因になる事もあります。このような場合には、古い角質を取り除くスキンケアが毛穴の黒ずみを取り除く為にも効果が期待できます。

 

古い角質を効果的に取り除く方法とは!?

古い角質が出来て、毛穴の黒ずみや角栓が出来れいる場合には、古い皮膚を取り除くスキンケアが適しています。

古い皮膚を取り除く為には、洗顔、美容液、乳液、保湿クリームなどの、いつものスキンケアに加えて、ピーリングを利用すると良いです。

ピーリングは、1週間から2週間に1度、2度で良いので、時間も費用もあまりかからないで、古い角質を簡単に取り除けて、毛穴ケアにも効果が期待できます。

 

まとめ

乾燥する肌や毛穴の黒ずみ、角栓がある肌など、肌のスキンケアを効果的に行いたい場合には、ホホバオイルを利用するのも1つの方法です。ここでは、ホホバオイルを使った毛穴の黒ずみと角栓を効果的にとりのぞく使い方、使用方法をまとめて紹介しました。

カテゴリー
肌トラブルの対策・改善方法

毛穴を目立たなくする方法【まとめ】

毛穴を目立たなくする方法を試した女性のイメージ写真

年齢と共に増えてくる毛穴の開き、毛穴の黒ずみ。見た目に汚い毛穴を目立たなくする方法を紹介します。

毛穴は、年齢の経過とともに、どんどん目立つようになります。目立つ毛穴が増えたからと言って、実際に、毛穴自体が増えているのか?と言うと、そういう訳ではないようです。

毛穴の数は増えていないのに、なぜ、毛穴は目立つようになるのでしょうか?まずは、毛穴が目立つようになる原因を紹介し、その後、毛穴を目立たなくする方法を紹介します。

 

 

毛穴が目立つようになる原因とは?

毛穴を目立たなくする原因は、毛穴が開いているからです。そもそも、毛穴は、皮脂の分泌をする為の役割があります。

皮脂が分泌されると、毛穴から出て皮膚表面に流れ出して汗と混ざることによって、天然の保護膜の皮脂膜として外からの乾燥などの刺激から肌を守る「バリア機能」を発揮します。

皮脂の分泌が過剰になると、角栓として毛穴に詰まります。毛穴に皮脂が詰まって、紫外線や酸素などで酸化すると黒くなり、毛穴の黒ずみとして、ブツブツと目立つようになります。

 

食事によっても皮脂量が変わる!?

毛穴から出てくる皮脂は、食べ物による影響も受けます。食べ物と肌の状態で、有名なところでは、チョコレートを食べ過ぎると、ニキビが出来たという人は多いと思います。チョコレートは、油分が多いので皮脂にも影響します。

この為、ポテトチップスや天ぷら、揚げ物、霜降りのステーキなど、油を多く使っている食べ物を食べすぎるのも毛穴に影響するので注意が必要です。

逆に、ダイエットをする為に、脂質を含む食べ物を全然、食べない状況が続くと、肌がカサカサと乾燥しやすくなるので、適度に脂質を含む食べ物を摂るバランスが重要です。

皮脂の分泌を抑える為には、食事で脂質が多い揚げ物などを食べ過ぎないと言った注意が必要です。毛穴を目立たなくする方法は、食事を気を付けるのも大切です。

 

毛穴を目立たなくする方法

皮脂の分泌が激しくなると、毛穴に詰まって、毛穴を広げて目立つようにしてしまいます。その為、食事などで脂っぽいものを控える必要があります。

そのうえで、スキンケアとして、クレンジング、洗顔で、キチンと皮脂やホコリ、チリ、汗などの汚れを取り除くのも毛穴を目立たなくする方法としては大切です。

まずは、メイクの油汚れをクレンジングで落とし、洗顔で汗やホコリ、チリなどの汚れを毎日、取り除き、毛穴を綺麗にする習慣が大切です。まずは、汚れを取るのが基本です。ただし、洗顔のし過ぎは、肌荒れ、肌の乾燥の原因になるので注意が必要です。

 

洗顔方法を変えれば、肌のキメを整えることが出来る

シッカリと泡立てて、優しく、泡で行う洗顔方法を継続していると、余分な汚れを綺麗に取り除くことが出来るので、肌のキメを整えることができます。

洗顔時は、手で肌をゴシゴシと擦すると、肌への刺激となり傷がつき、ゴワゴワの肌になるので、泡で顔を包むように洗うのが洗顔時のポイントです。

また、毛穴を目立たなくする方法としては、即効性を得たい場合には、毛穴パックを利用するのも効果があります。しかし、毛穴パックを利用する場合は、頻繁に行わないで、毛穴パック後のケアを十分にシッカリと行わないと、逆に毛穴が目立つようになるので注意が必要です。

 

化粧水と美容液で、お肌の状態を良くする

毛穴が目立つの場合に、皮脂の分泌が多い場合には、皮脂の分泌を抑える効果がある化粧水を利用するのがオススメです。

その為に、適しているのがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は、皮脂の分泌をコントロールする作用があります。

さらに、新陳代謝の促進や抗酸化作用、メラニンの還元で色素沈着を防ぐなど、毛穴を目立たなくする方法として、毛穴ケアとして使えるだけではなく、肌全体を健康にして、シミ、シワ、たるみにも効果が期待できます。

 

ビタミンC誘導体ならたるみ毛穴も効果が期待できる

頬の毛穴の黒ずみの原因は、皮脂ではなく、たるみ毛穴が原因の場合があります。たるんだ毛穴は、縦長の帯状に広がり、影で毛穴が黒く見える場合があります。

ビタミンC誘導体は、肌の新陳代謝を促進して、肌の真皮部分にあるコラーゲンの生成率をアップする効果も期待できます。肌内部にあるコラーゲン量が増えると、肌のハリを取り戻すことが出来ます。

肌のハリを取り戻すことが出来ると、たるみ毛穴を改善することも可能となります。毛穴を目立たなくする方法として、たるみ毛穴が気になる場合には、肌のハリを取り戻しましょう。

 

皮膚がクレーター状になって毛穴が目立つ場合の原因とは!?

肌がクレーター状になって、盛り上がることで、毛穴が目立っている場合には、毛穴に皮脂が詰まっているのではなく、細胞の異常繁殖が原因になっている場合があります。

人間の皮膚には皮膚常在菌がいます。常在菌は、皮膚を維持する為に良い菌もいれば、ニキビの原因になるアクネ菌のように悪い菌があります。

この常在菌が餌にしているのが、皮脂です。皮脂を分解して「オレイン酸」が作られます。オレイン酸は、細胞を刺激して、皮膚細胞の異常繁殖を引き起こす原因になります。

この為、皮脂の分泌が過剰になると、皮膚の常在菌から分泌されるオレイン酸も増えるので、肌細胞の異常繁殖を起こす可能性が出てきます。

 

皮脂の分泌を防ぐ

クレーター状の皮膚で、毛穴が目立つ場合には、皮脂の分泌を抑える為に、食事を気を付けたり、洗顔でキチンと洗い流し、ビタミンC誘導体の化粧水を使うなどの皮脂分泌の予防が大切です。

毛穴を目立たなくする方法として、化粧水を選ぶ場合には、ビタミンC誘導体が入っている化粧水を選択するのも一つの方法です。

 

毛穴を目立たなくする為には、保湿が重要

毛穴を目立たなくする為には、保湿が重要です。肌が乾燥すると、乾燥から守る為に、皮脂が過剰に分泌されます。その結果、毛穴の開きや黒ずみの原因になります。

また、肌が乾燥している状態は、肌のバリア機能が低下しているので、外からの刺激に弱いので、色々な肌トラブルを引き起こす原因になるので注意が必要です。

この為、洗顔後、化粧水や美容液で、必要な栄養を肌に与えた後は、保湿をシッカリと行う必要があります。

 

保湿は、セラミド配合のモノが最強!?

保湿は、セラミド配合の物を使うと毛穴を目立たなくする方法としての効果も期待できます。セラミドは、保湿クリームや乳液、化粧水、美容液など、色々な化粧品に入っています。

セラミドは、マイナス20度でも凍らずに、湿度がゼロ度でも乾燥せずに、水分を保持することが出来るので、最強の保湿成分と言われています。

肌が乾燥しやすい人、乾燥肌が原因で、皮脂の分泌が激しい人は、セラミド配合の化粧品で、シッカリと保湿を行い、肌のバリア機能を保ちましょう。毛穴を目立たなくする方法として、肌のバリア機能を維持するのは大切です。

 

お肌のターンオーバーを整えることも重要

年齢の経過とともに、毛穴のが目立つようになってきた人は、お肌のターンオーバーが遅れている可能性があります。

お肌のターンオーバーが遅れると、肌細胞の生まれ変わりが遅くなります。その結果、皮膚の表面に古い角質が溜まり、毛穴に詰まってしまう場合があります。

このような場合は、洗顔で、汚れを取り除くのも大切ですが、皮膚の表面の古い角質を取り除くことも毛穴を目立たなくする方法では、重要になります。古い角質を取り除く為に、毛穴を目立たなくする方法として、ピーリングを利用するのも効果的です。

 

定期的にピーリングを利用する

毛穴を目立たなくする方法としては、食事、洗顔、化粧水、保湿なども重要ですが、定期的にピーリングを行うことで、古い角質を取り除くことが出来ます。ピーリングでは、肌の表面を薬剤で溶かすので、毛穴ケアにも効果的です。

さらに、ピーリングで、遅れたお肌のターンオーバーを促進することで、新しい肌細胞が生まれやすくなるので、肌のハリ、潤いなども取り戻せます。この為、たるみ毛穴にも、長期的には改善が期待できます。

このように、ピーリングは、毛穴を目立たなくする方法としても活用することが出来ます。

 

まとめ

毛穴を目立たなくする方法としては、食事で脂質が多い油モノを食べるのを控えめにしつつ、クレンジング、洗顔、化粧水、保湿を適切に行うことで、毛穴の黒ずみや毛穴の開きの改善が期待できます。

カテゴリー
肌トラブルの対策・改善方法

ニベアクリームのクレンジング方法!敏感肌・超乾燥肌の人でも安心して使える

ニベアクリームのクレンジング方法を実践する女性の写真

青缶のニベアクリームやニベアソフトのクレンジング方法を紹介します。

ニベアのハンドクリームは、保湿クリームですが、実は、色々な方法で利用することが出来ると話題になっています。

ここでは、乾燥肌や敏感肌の人でも、メイク落としとして安心して使えるニベアクリームのクレンジング方法を紹介します。

 

 

ニベアのクレンジングの期待できる効果とは!?

ニベアのハンドクリームの青缶やニベアソフトは、メイク落としとしてクレンジングで使った場合には、化粧を優しく落とすことが出来ると人気です。

保湿成分でメイクを落とすので、洗い上がりが、程よいシットリ感、ベタつきが無いといったメリットもあります。

ただし、どうしてもクレンジングオイルと比べるとメイクの落ちが悪いので、濃いメイクの人は、化粧が落ちにくいです。その為、薄いメイクの人なら問題なく使えます。

特に、乾燥肌や敏感肌などの肌の乾燥が気になる人は、クレンジングオイルを使うと、肌の乾燥が激しくなるので、ニベアで肌を保湿しつつメイク落としが出来るクレンジング方法は適していると思います。

シッカリと汚れを落としつつ、ツヤツヤでモチモチな美肌を目指したいなら、一度、試してみるといいですよ!

 

ニベアの青缶とニベアソフトのどちらが良いのか?

クレンジングに利用する場合、ニベアソフトの方が適しています。もちろん、青缶のニベアでもクレンジングとして使うことは出来ます。

しかし、青缶の場合には、洗い流すのに手間がかかります。洗い流しを簡単にしたい場合には、ニベアソフトが適しています。

特に、ニベアソフトは、薄めのメイクをした日には、オススメなクレンジング方法です。

 

ニベアソフトのクレンジング方法

ニベアソフトを使ったクレンジング方法を紹介します。

  • メイクした顔にそのままニベアを塗る
  • 1分から2分程度、ニベアクリームとメイクをよくなじませる
  • ぬるま湯でクリームのぬるぬるが無くなるまですすぐ

※補足
伸びが悪い場合は化粧水と混ぜたり、手で温めると良いです。

以上のように、ニベアソフトの場合には、洗い流すのは、ぬるま湯だけでも十分に落とすことが出来るので、使いやすいです。

 

青缶のニベアクリームのクレンジング方法

青缶のニベアクリームを使ったクレンジング方法を紹介します。

  • メイクした状態で、顔全体にニベアを塗る
  • 1分~2分で、化粧にニベアをなじませる
  • 洗顔料で顔を洗う
  • ぬるま湯でしっかりすすぐ

※補足
クリームの伸びが悪い場合は、手の平で温めたり、化粧水を少し混ぜると良いです。

ニベアの青缶は、ニベアソフトと比べると洗い流すのに手間がかかります。ぬるま湯だけで洗い流せれば良いのですが、洗い流すのに時間がかかる場合は、洗顔料を使って洗い流します。

 

ニベアでクレンジングをする場合の問題点・難点

青缶のニベアクリームやニベアソフトをクレンジングオイル替わりに使った場合の問題点や難点を紹介します。

 

落ちは良くないかも・・・!?

ニベアは、基本的に保湿クリームです。その為、メイクの落ちは、どうしてもクレンジングオイルには負けます。

 

マスカラを落とすのは難しいかも・・・!?

普通のメイクは、ニベアソフトや青缶のニベアクリームで落とすことが出来ます。しかし、濃いアイメイクやウォータープルーフのマスカラは、落とすのが難しい場合があります。

そのような場合には、部分的に使うクレンジングオイルで、メイクの濃い部分を、先に軽く化粧を落としてからニベアでクレンジングすると良いです。

 

クレンジング後は、通常のスキンケアをキチンと行う

ニベアを使うとクレンジングは、優しく行うことができるので、敏感肌や乾燥肌の人にはオススメなクレンジング方法です。

ただし、美肌を行った後は、洗顔で汚れをキチンと落とし、化粧水、美容液で、お肌に必要な栄養を与えて、乳液、クリームで保湿をシッカリと行う必要があります。

また、加齢やスキンケア不足で、お肌のターンオーバーが遅くなっている人は、ピーリングなどで、お肌のターンオーバーを正常に戻すと良いです。

このように、ツヤツヤで、モチモチの美肌を目指したい場合には、トータルでスキンケアを考える必要があります・

 

まとめ

ニベアの青缶やニベアソフトを使った具体的なクレンジング方法を紹介しました。乾燥肌や敏感肌の人の場合は、クレンジングオイルを使うより、保湿クリームのニベアを使うと肌の乾燥を抑えつつ、メイク落としが可能です。

カテゴリー
肌トラブルの対策・改善方法

オロナイン毛穴パックの危険性【必見!】鼻の毛穴の黒ずみきれいにとれる安全な方法とは!?

鼻の毛穴の黒ずみをオロナインパックと毛穴パックできれいにとれる方法を試したい女性の写真

オロナインと毛穴パックを組み合わせると、めちゃくちゃ鼻の毛穴の黒ずみが取れると人気です!

オロナインパックと毛穴パックで、鼻の毛穴の黒ずみがきれいにとれると言うことで、いちご鼻を簡単に綺麗に出来る毛穴ケアとして人気な方法でもあります。

しかし、オロナインパックと毛穴パックを使った鼻の毛穴の黒ずみが綺麗に取れる方法には、危険性もあります。

ここでは、その毛穴パックとオロナインパックの危険性を紹介し、出来るだけ危険性を回避できるように注意点、副作用を出来るだけカバーしたオロナインパックと毛穴パックの毛穴ケアの方法を紹介します。

 

 

オロナインパック&毛穴パックの危険性・注意点とは!?

オロナインと毛穴パックを組み合わせて使うと、めちゃくちゃ鼻の黒ずみがきれいにとれるのですが、効果が高いだけに危険性もあると言われています。

具体的なオロナインと毛穴パックを組み合わせた場合の危険性とは、下記のような事が言われています。

     

    オロナインを使った毛穴パックの危険性一覧

  • 毛穴が広がる可能性がある
  • 長い目ではいちご鼻・鼻の毛穴の黒ずみがひどくなる
  • 肌荒れなど肌トラブルの原因になる
  • 毛穴を痛める可能性がある
  • ニキビが出来る
  • 乾燥肌になる

オロナインと毛穴パックを使った、鼻の毛穴の黒ずみがきれいにとれる方法を実践すると上記のようなことが起こる危険性があります。

なお、ここでは、オロナインを使った場合と使わない場合も含めて、毛穴パックの共通的な危険性について紹介します。

 

毛穴が広がる可能性がある

オロナインパックと毛穴パックを行うことで、一番、有名な危険性、注意点というのは、毛穴が広がるという点です。これは、オロナインに関係なく、毛穴パックに共通する注意点です。

元々、毛穴は詰まりやすい部分です。毛穴汚れを取り除いた後は、ポッカリと穴が開いた状態になります。これをそのままにしておくと、皮脂や汗、ホコリ、チリなどが詰まってしまします。

このように毛穴パックをして、そのまま放置していると、開いたままの毛穴にチリやホコリが詰まって、毛穴が広がる危険性があります。毛穴パック後のスキンケアが重要です。

 

長い目ではいちご鼻・鼻の毛穴の黒ずみがひどくなる

毛穴パックは、頻繁に使うものではありません。頻繁に使うことで、毛穴に不要な刺激を与える事になり、毛穴の状態が逆に悪化する可能性があります。

 

肌荒れなど肌トラブルの原因になる

元々、オロナインは、顔に頻繁に使うことを想定して作られていません。また、オロナインは医薬品なので、効果が高い分、肌へも刺激になります。

月に数回程度、オロナインと毛穴パックを使うなら問題ないと思いますが、頻繁に使うと毛穴パック自体も鼻への刺激になり、肌荒れなどの肌トラブルを起こす可能性があります。

 

毛穴を痛める可能性がある

オロナインパックと毛穴パックを組み合わせて使うと、ゴッソリと毛穴汚れが落ちるので効果が凄いと人気です。鼻の毛穴の黒ずみがきれいにとれるのは良いのですが、効果が高い分、肌への刺激も強くなっています。

この為、人によっては、オロナインと毛穴パックをした後に、毛穴から血が出たという人もいます。何事もやりすぎは注意が必要です。

 

ニキビが出来る

毛穴の汚れを毛穴パックとオロナインでは、ゴッソリと摂れるのですが、これは、急激に毛穴が広がるので、チリやホコリ以外にも雑菌も入りやすい状態になっています。

雑菌など、肌に悪いモノが毛穴に入り、ニキビが出来る可能性もあるので、毛穴パック後のスキンケアが重要になります。

 

乾燥肌になる

オロナインを使った後の毛穴パックをしたとしても、毛穴パックは、鼻に引っ付くので、肌にダメージを与えてしまいます。

しかし、鼻の毛穴の黒ずみがきれいにとれるということで、毛穴パックを説明書に書かれている時間よりも長い時間、使っている人も多いのではないかと思います。

決められた時間よりも長い時間、毛穴パックを付けると、確かに、はあの毛穴の黒ずみがきれいにとれまるのですが、その分、肌が本来持っている保湿成分の必要な皮脂まで取り除いてしまいます。

この為、特に、敏感肌の人など、肌が弱い人は、乾燥肌になる可能性が高くなるので注意が必要です。

 

オロナインパックと毛穴パックの危険性【まとめ】

以上のように毛穴パックとオロナインパックを使うと、鼻の毛穴の黒ずみがきれいにとれるのですが、効果がありすぎる為に、逆に扱いを間違えた場合には、危険性も高いので注意が必要です。

ここからは、オロナインパックと毛穴パックの正しい使い方、方法を紹介します。さらに、危険性や注意点を補う方法も紹介するので、オロナインを使った毛穴パックを行う場合には、参考にしてもらえればと思います。

 

オロナインパック&毛穴パックの方法

ここからは、オロナインパックと毛穴パックを使って、鼻の毛穴の黒ずみがきれいにとれる方法を紹介します。

    オロナインパックの手順

  • 洗顔する
  • オロナイン軟膏を塗る
  • 10分間を目処に放置する
  • オロナインを洗い流す
  • 毛穴パックを貼る
  • 毛穴パックを剥がす
  • 化粧水を付ける
  • 保湿をする

以上のように、上から順番に行うのがオロナインを使った毛穴パックの安全に行う方法です。

特に、洗顔、オロナインパック、洗顔パックを行った後に、化粧水や保湿などのスキンケアを行うのが、オロナインパックの危険性を予防する為にも大切です。

 

洗顔する

オロナインを塗る前に、洗顔をします。ここでは、既についている肌の皮脂や汚れを取り除く為に、洗顔料を泡立てて、シッカリと汚れを落とします。

ここで注意点は、ぬるま湯ですすぐことです。冷たい水だと毛穴が閉じてしまい、オロナインパックや毛穴パックを使っても鼻の毛穴の黒ずみをきれいにとれる事が難しくなります。

 

オロナイン軟膏を塗る

次は、オロナイン軟膏を毛穴の黒ずみが気になる鼻に塗ります。オロナインは、基本的にたっぷりと鼻に塗ると良いです。

基本的に、厚さ1mmを目処に、鼻がオロナインで白くなるまでシッカリと塗ります。

 

10分間を目処に放置する

オロナインを鼻に塗った後は、10分~15分程度放置します。

 

オロナインを洗い流す

オロナインを洗い流す時には、ぬるま湯を使うのがポイントです。冷たい水を使うと、毛穴の中でオロナインが残る可能性もあるので注意が必要です。熱すぎると、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうので乾燥肌になる危険性があります。

この為、理想的なお湯の温度は、37度程度で、蒸気がでない程度で、油分も洗い流せる程度です。

 

毛穴パックを貼る

次は、毛穴パックを普通に貼ります。毛穴パックを貼っている時間は、説明書やパッケージに書いてある規定時間を守るようにしましょう。

また、乾燥肌や敏感肌の人の場合には、普通の人より皮脂が少なく、肌が弱い可能性があるので、毛穴パックを貼っている時間は短めにして、様子をみましょう。

 

毛穴パックを剥がす

毛穴パックを剥がす時は、優しく剥がします。一気に剥がすと、鼻の肌を痛めてしまい、肌荒れを起こす可能性があるので注意が必要です。優しく剥がしましょう。

 

化粧水を付ける

毛穴パックを剥がした後は、スキンケアをシッカリと行うのが大切です。特に、オロナインパックと毛穴パックを行った後は、毛穴がパックリと開いてしまいます。

その為、収れん化粧水のように、毛穴を引き締める効果が期待できる化粧水を選ぶと良いです。

必要に応じて、美容液も利用すると良いです。

 

保湿をする

毛穴の黒ずみはもちろん、他の肌トラブルも多くは、肌の乾燥が原因である事が多いです。鼻の毛穴の黒ずみが出来る原因は、保湿が十分に行われていない為、皮脂の分泌が過剰になっているケースもあります。

この為、スキンケアの最後には、乳液や保湿クリームを使って、保湿をする必要があります。保湿をする場合は、最強の保湿成分と言われているのがセラミドです。

特にヒト型セラミドが入っている化粧品を選ぶことで、シッカリと保湿が出来ます。

セラミドは、湿度0度でも肌を乾燥から守ります。また、温度がマイナス10度でも凍らずに、決められた時間、肌を保湿することが出来ます。ただし、規定量より少ないと、シッカリと保湿できないので、説明書通りに使うのは必須です。

 

毛穴パックよりピーリングの方が安心かも?

ピーリングとは、酸性の薬剤を使って、皮膚の表面を溶かすスキンケア方法です。エステや美容皮膚科などでも取り入れられている方法です。

ピーリングも、皮膚への刺激があるので、頻繁に使うのは駄目です。しかし、ピーリングジェルの場合には、美容成分なども含まれているので、毛穴パックを使うよりも、正しく使えば、お肌に優しいのではないかと思います。

オロナイン軟膏と毛穴パックは、簡単に出来るスキンケアですが、肌への刺激も強いので注意が必要です。ピーリングも注意は必要ですが、元々、肌への刺激を考慮して作られている製品なので、安心して使いやすいです。

 

まとめ

オロナインパックをした後に毛穴パックをすると、ゴッソリと毛穴汚れが取れます。この為、鼻の毛穴の黒ずみがきれいにとれると人気ですが、危険性もあるので、毛穴パック後の化粧水や美容液で、開いた毛穴を閉じて、乳液と保湿クリームでシッカリと保湿を行う必要があります。

カテゴリー
肌トラブルの対策・改善方法

オリーブオイルで毛穴汚れ・角栓ケア!?美肌になる効果・効能と危険性・注意点【まとめ】

角栓や毛穴の汚れなど取り除き、美肌の効果や効能があるオリーブオイルの写真

オリーブオイルで毛穴を洗うと毛穴汚れや角栓が目立つ肌も毛穴レスになる効果や効能があると言われています。

ここでは、毛穴汚れや角栓を取り除き美肌を目指す為にオリーブオイルをどのように利用するのが効果的で、その効能を得やすいのか?と言った利用方法を紹介します。

また、オリーブオイルを毛穴レスの為に使って、どのような注意点や危険性があるのかについても紹介します。

これからオリーブオイルで毛穴汚れや毛穴の角栓を取りたいと思っている人は、参考にしてもらえればと思います。

 

 

オリーブオイルの毛穴汚れ・角栓への効果効能とは?

オリーブオイルは、色々とあるオイルの中でも人間の皮脂に近い成分のオイルです。

この為、オリーブオイルをオイルでクレンジングと言ったような感じで、毛穴汚れや角栓が目立つ部分に塗ります。

すると、毛穴に詰まっている角栓などの脂をオリーブオイルが溶かすことで、毛穴汚れを取り除くことが出来ます。毛穴汚れを溶かすので、肌に傷を付けずに美肌を目指すことが出来る効能が特徴です。

 

毛穴汚れ・角栓を取り除くオリーブオイルでのケア方法

毛穴汚れや角栓を取り除くオリーブオイルでのケア方法を紹介します。

     

    オリーブオイルで毛穴汚れと角栓を綺麗にする方法

  • 毛穴を開いておく
  • オリーブオイルを手に取る
  • 毛穴汚れや角栓の気になる部分に塗る
  • 拭き取る
  • 洗顔をする
  • シッカリとすすぐ
  • 化粧水などを塗る
  • 保湿する

以上のような手順で、オリーブオイルで角栓や毛穴汚れを取り除き、その後、毛穴レスで美肌を目指す為に必要な方法まで、まとめて紹介します。

 

毛穴を開いておく

毛穴汚れや角栓を取り除く為には、出来るだけ毛穴を開いた状態にしておくのがオススメです。その為には、蒸しタオルを使ったり、蒸気を顔に当てたり、お風呂で半身浴をするのが効果的です。

ただし、蒸しタオルは、熱すぎる蒸しタオルを顔に乗せると、火傷以外にも皮膚に刺激が強い場合があるので、肌が弱い人は注意が必要です。

オススメなのは、お風呂で半身浴をして、シッカリと汗をかいてから、汗や蒸気の水分を拭き取ってから、お風呂場でオリーブオイルを使う方法です。お風呂場でスグに上がれるようにしてから、オリーブオイルを使い、洗顔をします。

その後、お風呂を上がって、スグに化粧水や美容液、乳液、クリームなどのスキンケアを行います。

 

オリーブオイルを手に取る

1回で利用するオリーブオイルの量は、毛穴汚れや角栓が気になる面積によって変わります。しかし、それでは使用量が分からないので、目安としては、500円玉程度の量を手に取るのが適量です。

 

毛穴汚れや角栓の気になる部分に塗る

手に取ってオリーブオイルは、顔に馴染ませます。基本的に毛穴汚れや角栓が気になる部分にクレンジングを使うときのように、クルクルと下から上に向けてマッサージするように肌になじませます。

そして、1分~2分程度をめどに、肌にオリーブオイルを馴染ませるようにマッサージすると良いです。ただし、肌に余計な刺激や傷を与えないために、指の腹で爪を立てないようにします。出来れば、力が入らない薬指を使うと肌に優しくマッサージできます。

 

拭き取る

オリーブオイルを肌に馴染ませたら、次は、オイルを拭き取ります。基本的にティッシュで良いのですが、注意点があります。それは、拭き取る時に擦らない事です。擦ると肌へのダメージとなり、シミなどが出来る原因になる危険性があります。

その為、ティッシュは、肌に押し当てるようにして、オリーブオイルをティッシュに移すようにして、余分なオリーブオイルを吸い取ります。

 

洗顔をする

オリーブオイルを取り除いた後は、洗顔を行い、オイルをシッカリと落とします。洗顔を行うときは、洗顔料をたっぷりと泡立てた泡洗顔が基本です。シッカリと洗顔料を泡立てることで、オリーブオイルが落ちやすくなります。

ここでは、オリーブオイルをキチンと洗い流す必要があります。もしも、オイルの洗い残しがある場合には、毛穴汚れとなり、黒ずみや角栓の原因になり、ニキビなどができる場合もあるので注意が必要です。

 

シッカリとすすぐ

洗顔後は、シッカリとすすぎます。ここで、洗顔料が肌に残ると毛穴汚れや角栓、黒ずみ、ニキビの原因になる事があるので注意しましょう。

洗顔を行うときの注意点は、ぬるま湯を使う事です。冷水を使うと毛穴を引き締める効果があると言われていますが、短時間の効果しかなく、肌を赤くする可能性があるので、肌が弱い人、肌が薄い人は注意が必要です。

また、熱めのお湯ですすぐと汚れが良く落ちて良いのですが、肌が元々、持っている自然の保湿成分である皮脂も溶け出します。保湿成分として必要な皮脂がなくなると、肌の乾燥が激しくなり、皮脂が過剰に分泌されるようになり、毛穴汚れや角栓が増える可能性があります。この為、熱めのお湯だけは使わないようにしましょう。

 

化粧水などを塗る

洗顔を行った後は、化粧水や美容液などで、お肌に栄養を与えます。

基本的にお肌を元気にする成分としては、シミやハリ、皮脂の分泌など色々な効果が期待できるビタミンC誘導体が配合されている化粧水が個人的には気に入っています。

また、毛穴の開きや皮脂に特化した収れん化粧水を使うのも良いでしょう。

 

保湿する

化粧水と美容液を使った後は、乳液やクリームで保湿をします。保湿をシッカリと行うためには、セラミドが配合されている乳液やクリームを使うと良いです。

セラミドは、湿度が0%になっても水分を保持し、気温がマイナス20度になっても凍らない最強の保湿成分と言われています。特に、乾燥が激しくなる冬は、乾燥肌の人は、セラミド配合のクリームが効果的です。

肌が乾燥すると、乾燥を防ぐために、皮脂の分泌が過剰になります。皮脂の分泌が過剰になると、毛穴汚れや角栓が出来る原因になります。この為、毛穴ケアを行う場合には、オリーブオイルや洗顔で角栓や毛穴汚れを落とし、肌を健康にする化粧水や美容液を付け、最後に乳液やクリームで、しっかりと保湿して肌の乾燥を防ぐ、総合的なスキンケアが重要です。

 

どのようなオリーブオイルを使うと良いのか?

毛穴汚れや角栓を取り除く為に利用するオリーブオイルは、どのようなモノを使うと良いのかを紹介します。

オリーブオイルは、食用のモノでも良いようですが、基本的には、純度が高いモノが低刺激でオススメです。この為、薬用のオリーブオイルは精製されているので、肌が弱い人に適しています。また、薬用のオリーブオイルは、ニオイも抑えられているので、香りが苦手な人にも適しています。

食用のオリーブオイルを使う場合には、エキストラバージンオイルを使うと良いです。ただし、食用のオリーブ油は、肌に合わない人もいるのでパッチテストは必要です。実際に、エキストラバージンオイルを使った人の感想は、賛否両論のようです。

 

注意点・副作用はあるのか?危険性は?

オリーブオイルには、色々なモノが販売されています。薬用や美容など、肌に塗ることを目的に作られている場合には、比較的に安心して使えます。

しかし、食用の場合には、精製されていないモノも多いです。また、精製度も商品によって色々です。

精製されていないオリーブオイルでも。毛穴汚れや角栓は取れるかもしれませんが、下記のような危険性や副作用があります。

    オリーブオイルで毛穴汚れや角栓ケア時の危険性・注意点

  • 精製度が低いと油焼けを起こす危険性がある
  • 精製度が低いオイルは劣化が早い
  • アレルギーを起こす可能性がある
  • ニキビがひどくなる
  • 冷えると毛穴に詰まりやすい

特に、精製されていないで、安価なモノを使っている場合には、上記のような事が起こる危険性や注意点があります。

 

精製度が低いと油焼けを起こす危険性がある

精製度が低いオリーブオイルを使うと、油焼けしやすくなります。キチンと洗い流せていないとオイルに含まれている不純物が紫外線や酸化などで色素沈着、シミ、くすみの原因になる事があります。

 

精製度が低いオイルは劣化が早い

精製度が低い場合には、劣化が早いので、安物を買っても長く使えない場合があります。

 

アレルギーを起こす可能性がある

オリーブオイルに限った事ではありませんが、肌に合わない場合には、アレルギーを起こす可能性があります。特に、精製されていない食用の場合には、元々、肌に塗る為のモノではないので肌が弱い人は注意が必要です。

アレルギーなどの副作用が気になる人、肌が弱い人は、薬用や美容系のオリーブオイルを購入して使う方が安心です。

ただし、薬用や美容系でもパッチテストは行いましょう。食用は当然です。パッチテストは、太ももや二の腕など、皮膚が弱く、目立たない部分でオリーブオイルを塗って放置して、アレルギーを起こさないか確認する方法です。いきなり顔に塗って、アレルギーを起こすと大変な事になります。

 

ニキビがひどくなる

オリーブオイルは、ニキビがある場合には使ってはいけません。ニキビの原因は、アクネ菌という菌が原因です。このアクネ菌は、オリーブオイルを餌として食べてしまいます。

この為、ニキビがある時に行うと、アクネ菌が増殖してニキビがひどくなってしまいます。

 

冷えると毛穴に詰まりやすい

オイルは、暖かいと、サラサラになり流動性が増しますが、少し冷えると硬くなり毛穴の詰まりの原因になります。

この為、特に冬場など寒い時期は、オリーブオイルを少し温めて使うのもいい方法です。また、洗顔など水で洗い流す時も、冷水は使わずに、ぬるま湯を使って、サラサラの油状にして洗い流す必要があります。

もしも、冷水でオイルを洗い流そうとすると、毛穴に詰まったり、毛穴をフタしたりして、肌トラブルを引き起こす可能性があります。

 

オリーブオイルはお手軽で良いのか?

オリーブオイルを使った毛穴汚れや角栓を取り除く方法を紹介しました。注意点や危険性を十分に理解して試されると良いと思います。

ただし、出来れば薬用や美容の為に精製されたオリーブオイルを使うのが比較的に肌トラブルを抑えることが出来て安心です。

精製したオリーブオイルの楽天市場の一覧はコチラ

 

毛穴汚れや角栓はピーリングでも良いのでは!?

実際に、楽天市場で精製したオリーブオイルを探してみましたが、スーパーで買える食用の物と比較すると、肌に優しく、安心して使えそうなオイルは、実は、結構、高額でビックリしました。

値段が高い分、それなりに効果が期待できるのかな?と思いました。。。

毛穴の汚れ、角栓を取り除く為には、基本は、洗顔料をシッカリと泡立てて、毎日、毛穴の汚れを取り除く事だと思います。

さらに、定期的に、ピーリングを行うことで、お肌のターンオーバーを促進すると言ったスキンケア方法も同時に試すと、毛穴汚れや角栓などの毛穴の悩みだけではなく、肌全体を美肌にする為にも効果が期待できます。

個人的には、デルマQ2のピーリングが気に入っているので、私の場合は、オリーブオイルは、今のところスキンケアに取り入れないで良いと考えています。

 

まとめ

オリーブオイルは、脂質などの油系の汚れの毛穴汚れや角栓を溶かして取り除く効果が期待できます。基本的にはオイルクレンジングと同じような効果が期待できます。

しかし、精製されていない安物の食用のオリーブオイルを使うと、油焼けや肌荒れなど、肌トラブルを起こす可能性があるので、安心して使いたい場合には、精製された薬用のオリーブオイルで毛穴汚れや角栓を取り除く効果、効能を期待して美肌を目指すのが安心です。

カテゴリー
肌トラブルの対策・改善方法

肌のくすみを取る方法とは!?原因別の肌のくすみ取り・解消方法【まとめ】

肌のくすみを取る方法を知って喜ぶ女性の写真

肌のくすみができる原因としては、いくつか存在します。その為、肌のくすみを取る方法を実践する場合には、それぞれの肌のくすみの原因にあった改善方法を利用する必要があります。

ある程度の年齢を重ねると、肌の色が徐々に暗くなってきます。この顔のくすみが起こると顔色が悪くなり、表情も暗くなるので、実年齢よりも老けて見えてしまいます。

その為、いつまでも若く、綺麗な肌を維持したい場合には、早いうちに肌のくすみを取る方法を、毎日のスキンケアに取り入れるのが安心です。

 

 

肌のくすみができる原因とは!?

肌のくすみができる原因には、いくつかの種類があります。くすみができる原因によっても対策が変わってきます。

    肌のくすみができる原因一覧

  • 血行不良が原因のくすみ
  • 肌の乾燥が原因のくすみ
  • 糖化やカルボニル化が原因の黄くすみ
  • メラニン色素が原因のくすみ

以上のような種類が、基本的なくすみができる原因です。それぞれの肌のくすみを取る方法を実践する必要があります。

 

血行不良が原因のくすみ

血行不良のくすみの原因は、体の代謝が落ちて血行が悪くなっている為です。血行が悪くなる原因としては、身体の冷え、喫煙、睡眠不足、便秘、運動不足、加齢など様々です。

お肌の血行が悪くなるとお肌のターンオーバー、代謝が悪くなるので、新しい肌細胞が生まれてくるのが遅くなるので、古い肌が皮膚表面に残るので、肌がくすみやすくなります。

 

肌の乾燥が原因のくすみ

肌が乾燥すると、くすみができる原因になることがあります。肌が乾燥する原因は、保湿不足が原因です。特に、大気が乾燥するシーズンは、シッカリと保湿を行わないと、肌のつやが無くなり、だんだんと肌がくすんできます。

乾燥肌が原因のくすみは、寒天をイメージすると理解しやすいです。寒天に水分を十分に含ませている時には、プルプルで透明感があります。しかし、寒天が乾燥していると、くすんで硬くなります。

この寒天と同じように、肌が乾燥すると、くすんで見えるようになります。肌が乾燥すると、お肌のターンオーバーが乱れて古い角質が溜まることで、くすんみます。

 

糖化やカルボニル化が原因の黄くすみ

黄くすみが起こる原因は、「糖化」と「カルボニル化」の2種類が主なモノです。

糖化は、食事などで食べた糖分が、タンパク質と結びつくことで、タンパク質が変質して起こるくすみです。この為、砂糖を使った甘いモノ、お米、麺類などの小麦粉などの糖質を多く摂取するのが原因です。また、紫外線を浴びたり、タバコ、ストレス、加齢なども原因になります。

カルボニル化は、脂質が酸化して、タンパク質と結合することで、肌が黄くすみになります。カルボニル化が起こると、毒素を出すことから肌以外にもカラダには悪いです。カルボニル化を起こす原因は、過剰に脂質を摂取した場合や加齢、ストレス、タバコ、紫外線などもあります。

糖化もカルボニル化は、一度起こりだすと、肌を元に戻すには時間がかかります。早めの予防が大切です。

 

メラニン色素が原因のくすみ

メラニン色素が出来る原因のくすみは、紫外線や摩擦による刺激で、肌内部にメラニン色素が過剰に生成する事で起こります。

基本的に、メラニン色素が原因のくすみは、シミが出来る原因と同じです。シミは、部分的に茶色くなるのに対して、くすみは、顔全体が暗い印象になります。

くすみやシミが出来た場合には、美白化粧品や紫外線対策で、新しいくすみ、シミが出来ないようにしつつ、お肌のターンオーバーを促進して、くすみやシミを垢として排出する事で、くすみを早く消すことが出来ます。

 

肌のくすみを取る方法とは!?

肌のくすみを取る方法として、くすみができる原因別に、どのように肌のくすみを取る方法があるのか紹介します。

    肌のくすみを取る方法一覧

  • 血行不良が原因のくすみを取る方法
  • 肌の乾燥が原因のくすみを取る方法
  • 糖化やカルボニル化が原因の黄くすみを取る方法
  • メラニン色素が原因のくすみを取る方法

くすみができる原因別に、どのような肌のくすみを取る方法があるのかを紹介します。

 

血行不良が原因のくすみを取る方法

血行不良が原因で、顔のくすみが出来ている場合には、基本的に血行を良くする方法を取り入れる必要があります。

全身の血流を良くすることで、お肌のターンオーバーが促進されて、肌細胞の生まれ変わりが進み、肌のくすみが取れるのが早くなります。

具体的な肌の血行を良くする方法、お肌のターンオーバーを促進する方法としては、

  • 有酸素運動
  • 半身浴
  • 食事
  • ピーリング

などの方法があります。

 

有酸素運動

有酸素運動は、ウォーキングや軽いジョギングなど、呼吸が止まらないで行う運動です。有酸素運動を行う場合は、最低でも20分から30分以上は継続して行う必要があります。週に数回程度、有酸素運動を継続して行うことで、全身の血流が良くなります。

 

半身浴

お風呂に入る時は、半身浴がオススメです。シャワーのみで済ませる人は、体を暖めることが出来ないのでオススメできません。半身浴を行う場合は、20分以上は入っておく必要があります。半身浴を行うと、血流が良くなり代謝がアップするので、お肌のターンオーバーを正常に戻す高価も期待できます。

 

食事

食事によっても体を暖めることで、血行不良を改善する事も可能です。基本的に冷たい水などの飲み物、食べ物は避ける必要があります。その他には、生姜、唐辛子、ネギ、タマネギ、ニラ、ニンニク、ダイコン、ごぼう、かぼちゃなどの食べ物が体を暖めるのに効果が期待できます。

 

ピーリング

血行が悪く、お肌のターンオーバーが遅くなっている場合には、古い角質が皮膚の表面に溜まっている場合があります。その場合は、古い角質をピーリングで取り除くことで、お肌のターンオーバーを促進すると、くすみの改善が期待できます。

 

肌の乾燥が原因のくすみを取る方法

肌が乾燥する原因は、保湿不足です。この為、保湿をシッカリと行う必要があります。特に、保湿効果が高い「セラミド」を配合した化粧品を使うと良いです。

セラミドは、湿度が0%、気温がマイナス20度と言った過酷な環境でも、皮膚の水分を凍らせずに、保湿しつづける事が出来ます。

また、肌の状態を整える為には、ビタミンC誘導体を取り入れる事で、シミ、くすみ対策、コラーゲンを増やす対策などを同時に行うと、さらに効果的です。

例えば、海のブレアと言ったようなオールインワンジェルを使うと、くすみ、保湿、シミ対策、ハリ、小じわ対策などをまとめて行えるので便利です。

 

糖化やカルボニル化が原因の黄くすみを取る方法

糖化が原因の黄くすみは、糖質が多い、砂糖、お米、小麦粉などの麺類の食べ過ぎを控える必要があります。そのうで、黄くすみ専用の化粧水や美容液などを使います。

また、カルボニル化が起こる原因は、脂質の酸化が原因なので、酸化を防ぐ、抗酸化作用がある成分を取ると良いです。さらに、酸化を進める、紫外線の対策や活性酸素の対策で予防する事も大切です。

抗酸化作用は、ビタミンC誘導体配合の化粧品ビタミンCの錠剤などにあります。

 

メラニン色素が原因のくすみを取る方法

メラニン色素が出来る原因は、紫外線の刺激や摩擦による刺激で、メラニンの生成が過剰になる点です。

新しいメラニンが出来ないように紫外線対策は必須です。さらに、メラニンによりくすみやシミが出来た場合には、お肌のターンオーバーを活性化させて、新しい肌細胞を作り、古いくすんだ皮膚を垢として排出する必要があります。

もしも、皮膚の表面に古い角質が出来ている事で、くすみが出来ている場合には、お肌のターンオーバーを促進させると効果的です。

 

まとめ

くすみを改善する為には、原因によって、対策も色々ですが、基本的に、生活習慣、睡眠、運動、食べ物を注意するのが基本です。そのうえで、原因に合わせて、保湿をしたり、ピーリングをしたりと言った必要な処置を行うのが効果的に肌のくすみを取る方法になります。

カテゴリー
肌トラブルの対策・改善方法

肌の黄くすみの原因と顔のくすみを取る方法とは?【黄くすみは危険!?】

肌の黄くすみを取る方法を知って喜ぶ女性のイメージ写真

顔の肌の黄くすみは、なぜ、出来てしまうのでしょうか?黄くすみができる原因と、顔の黄くすみを取る方法をまとめて紹介します。

黄くすみは、年齢の経過とともに出来やすいくすみです。通常の他のくすみとは違い、美白化粧品を使って、美白していても、黄くすみを起こす可能性があります。

これは、黄くすみとは、「肌が黄色くくすむ」と言った状態になるので、通常のシミが出来る原因である紫外線や刺激によるメラニン色素による色素沈着が原因とは違います。

このような特殊なくすみである「黄くすみ」の原因と黄くすみを取る方法をまとめたので参考になればと思います。

 

 

「黄くすみ」の危険性とは!?

「黄くすみ」が出来る原因は、他のシミやくすみとは、直接的な原因が違います。この為、通常、シミやくすみが増えるのは、30代の後半から40代の前半以降に目立ちはじめるのに対して、黄くすみは、20代後半から出来る場合もあります。

この為、シミやくすみとは無縁な20代の人でも注意する必要があります。

 

「黄くすみ」が出来るとどうなるのか!?

「黄くすみ」が出来ると、見た目は、肌がくすんでしまい、透明感が無くなってきます。

さらに、20代後半と若い肌の人でも、硬化して肌の柔軟性が無くなってきます。また、黄くすみの特徴は、化粧で隠すのが難しいので、若くても老け顔に見えるので注意が必要です。

この為、若い時から、早めにスキンケアや改善、対策、予防などを行っておくと安心です。

 

「黄くすみ」の原因は、「糖化」

黄くすみができる原因は、

  • カルボニン化
  • 糖化
  • 血行不良
  • 紫外線ダメージ
  • 疲労
  • ストレス

特に、「黄くすみ」は、「カルボニン化」と「糖化」と言った2つは、体内に蓄積されて、肌全体を黄色くして老化を促進させるので、通常のシミやくすみと比べると改善しにくいのでが特徴です。

 

「糖化」で黄くすみができる原因とは?

糖化で「くすみ」ができる原因は、食事で摂った糖と体内のタンパク質が結び付いて出来る事があります。

血液中に当分が余計にあると、糖と結びついて「糖化生成物」と言った老化を促進させる物質が出来ます。

 

「糖化」を起こしているのか?チェック方法

肌が「糖化」しているか?確認する方法は、病院での血液検査を行うことで、簡単に調べることが出来ます。

とは言っても、病院にワザワザ行くのは大変なので、下記に参考程度に「糖化」しているのかのチェック方法を紹介します。

    「糖化」のチェック方法
  • 甘いモノが好きでよく食べている
  • 野菜はあまり食べない
  • 肌の柔らかさがなく硬くなってきた
  • 美白化粧品を使っても改善されない
  • 肌のハリがなくなってきた
  • 肌が弾力を失ってきた
  • 肌全体が黄色くくすんできた

上記の一覧に該当するモノがあれば、肌が糖化している可能性があります。放置していると「黄くすみ」が出来る可能性があるので注意しが必要です。

早めに、糖化の予防や改善方法を実践すると良いです。

 

「糖化」の改善方法・予防方法

糖化による「黄くすみ」を予防する為には、甘いモノ、炭水化物などを食べ過ぎないことが大切です。また、白砂糖や白米、小麦粉など、精製された白いモノを控えて、食事は、野菜から食べるなど、血糖値が上がらないように注意するのも大切です。

 

体内からの酸化を予防するのも効果的

糖化を予防する為には、抗酸化対策が期待できるビタミンCやポリフェノールなどを意識して摂っておくと良いです。

 

「カルボニン化」で黄くすみができる原因とは?

カルボニン化による「くすみ」が出来る原因は、皮膚の真皮にあるタンパク質が黄色く変性する為です。この黄色く変性することを「カルボニン化」と言います。

肌にあるタンパク質が黄色く変性する原因は、皮膚の真皮部分にあるタンパク質と脂質の分配物が結合する為です。

 

カルボニン化は紫外線対策も重要

カルボニン化の原因となる脂質の分解物は、紫外線を浴びると増えるので、くすみやシミ対策と同じように紫外線対策、UV対策で予防することが出来ます。

特に、カルボニン化は、皮膚の表面の皮脂が、紫外線を浴びて酸化する事で起こります。その為、紫外線対策を行いつつ、ビタミンC誘導体などを含む化粧水を使うことで、皮脂の分泌を抑制できる化粧品を活用するのも良いです。

 

カルボニン化の予防方法

カルボニン化を予防する場合には、カルボニン化が起こりやすい原因を避ける必要があります。具体的には、上記で説明した紫外線によるダメージ以外にも喫煙、ストレス、環境汚染物質、栄養バランス、加齢による鉄分の蓄積なども注意が必要です。

 

「血行不良」で黄くすみができる原因とは?

黄くすみに限った事ではありませんが、血行不良になると、肌の新陳代謝が悪くなり、新しい肌細胞が出来にくくなるので、肌のくすみが出来やすくなります。

血行不良を改善する為には、適度な有酸素運動を週に数回、1度に30分以上行いつつ、毎日、半身浴で20分を習慣にすることで、お肌のターンオーバーを促進させることが出来るので、新しくキレイなお肌にすることが出来ます。

 

「紫外線ダメージ」で黄くすみができる原因とは?

すでに説明している通りに、紫外線のダメージは、黄くすみができる原因になります。紫外線対策は必須です。春から夏にかけては、紫外線を意識する人は多いですが、秋から冬にかけては、紫外線対策がおろそかになる人が多いです。

この為、紫外線対策は、冬でも行う事で、「黄くすみ」の予防につながります。手軽に紫外線対策をしつつ、黄くすみを隠す為には、BBクリームを利用すると一年中、UV対策も出来て安心です。

 

「疲労・ストレス」で黄くすみができる原因とは?

疲労とストレスは、カルボニン化を促進すると言われています。この為、黄くすみを予防する為には、ストレスを溜めない生活を心がけ、十分に睡眠をとる必要があります。

ストレスは、自律神経のバランスを狂わせるので、お肌のターンオーバーを遅らせるこことがあります。また、睡眠中には、成長ホルモンの分泌が活発になり、肌や髪などの成長を促進するので、肌細胞の生成を活発にするので、美肌を目指すことが出来ます。

 

まとめ

黄くすみを改善、予防する為には、まずは、睡眠を十分にとり、ストレスを溜めずに、適度な有酸素運動、半身浴で、新陳代謝を改善するのが基本になります。

そのうえで、食習慣を気を付けて、「糖化」と「カルボニル化」を促進する食べ物を食べないように注意しつつ、ビタミンC、ポリフェノールなどの抗酸化物質を食事で摂ると良いです。

さらに、肌の黄くすみ取る方法としては、抗酸化物質を化粧品で補って、抗酸化ケアを行うのも効果的だと言われています。

カテゴリー
肌トラブルの対策・改善方法

美白になる食べ物とは?

美白になる食べ物で肌が白い女性のイメージ写真

肌を白く綺麗にしたい場合には、美白化粧品や日焼け止め、UVカットなどが重要になりますが、これと同じように大事になるのが、美白になる食べ物です。

特に、美白化粧品や日焼け止め、UVカットなどを行っていても、全然、肌が白くならないという場合には、化粧品やスキンケアだけではなく、食べるモノを見直してみると良いです。

特に、美白になる食べ物として、効果が期待できるモノを取り入れた食事をすることで、より美白になる効果が期待できます。美白化粧品など、化粧品と同時に美白になる食べ物も取り入れてみましょう。

 

 

美白になる食べ物とは?

美白を手に入れる為には、何を食べる必要があるのでしょうか?

肌を白くする為には、効果的な栄養成分を含んだ食べ物を食べる必要があります。そこで、ここでは、まずは、美白になる栄養成分を紹介してから、その栄養成分を含んでいる食べ物を紹介します。

具体的には、下記のような栄養成分を含んでいる食品を食べると肌を白くすることが期待できます。

  • ビタミンC
  • ビタミンP
  • ビタミンE
  • ビタミンA
  • リコピン

以下に、具体的に、これらの栄養成分が、どのように美白になる食べ物として、効果が期待できるのかを紹介します。

 

ビタミンCの効果とは?

美白と言えば、ビタミンCが有名です。ビタミンCは、紫外線や摩擦などの刺激による色素沈着のシミやくすみの原因であるメラニン色素の生成を抑制する効果が期待できます。

さらに、ハリのあるお肌を作るコラーゲンの生成にも関係しています。この他にもビタミンCは、抗酸化作用がある事から、紫外線やストレスなどの活性酸素による肌の老化を防止する効果もあります。

ビタミンCは、メラニンの生成を抑えるので、シミの予防効果が期待できますが、さらに、出来てしまったシミを薄くする効果も期待できます。

 

ビタミンCを含む食べ物とは?

ゆず、レモン、柿、キウイフルーツ、いちご、パパイヤ、キンカン、
赤ピーマン、黄ピーマン、芽キャベツ、アセロラジュース、抹茶、
焼きのり、味付けのり、ハム、ベーコン

 

ビタミンCを含む食べ物の効果的な取り方とは?注意点は?

ビタミンCは、水溶性です。この為、水に溶けやすいので、汁物として煮込むと、汁にビタミンCが溶け出してしまうので、汁も飲むようにしましょう。ピーマンなど、どうしても火を通す必要があるモノは、油で短時間に調理するようにしま

さらに、熱に弱いので、食事でビタミンCを含む食品を使う場合には、生のまま食べるのがオススメです。また、ビタミンCは、酸化しやすいので、野菜や果物は新鮮なうちに食べるように心がけましょう。す。

また、美白になる食べ物として有名なビタミンCは、体内に溜める事が出来ません。この為、理想を言えば、1日に3度、4度と分けて摂ると美白効果が高くなります。その為、どうしてもビタミンCを美白になる食べ物として摂る場合には、食事で野菜や果物、サプリメント、果汁ドリンクなどをうまく組み合わせる必要があります。

 

ビタミンCの1日に必要な分量とは?

厚生労働省の成人の人が1日に必要なビタミンCの摂取推奨量は、「100mg」だと言われています。しかし、美白効果を発揮したい場合には、100mgでは少ないと言われています。

美白効果をビタミンCで発揮したい場合には、1日に300mg~500mg以上は摂るのが理想的です。特に美白効果を絶対だしたい場合には、1日1000mg以上取れれば期待大です。

これだけの量を食事で摂るのは難しいので、アセロラドリンクやオレンジジュースなどのビタミンCを多く含むドリンクやサプリメントを取り入れると良いです。

 

ビタミンPの効果とは?

ビタミンPの効果は、美白効果には、直接的な効果はありません。その代りに、ビタミンCが壊れるのを防ぐ効果があります。

ビタミンCは、熱や酸化に弱いです。この為、ビタミンPと一緒に摂ることで、よりビタミンCがシッカリと摂れるようになることで、美白になる食べ物として効果が期待できます。

 

ビタミンPを含む食べ物とは?

薄皮が付いた状態のミカン、オレンジ、レモン、さくらんぼ
タマネギ、トマト、ほうれん草、パセリ、あんず、ピーマン
チョコレート、そば

 

ビタミンPを含む食べ物の効果的な取り方とは?注意点は?

ビタミンPは、同時に食べることで、ビタミンCが壊れにくくなります。この為、ビタミンCと同時にとるのがオススメです。

特に、ミカン、オレンジ、レモン、パセリ、ピーマンなどは、元々、ビタミンCも豊富なので、自然にビタミンPとビタミンCが同時に摂ることが出来ます。

 

ビタミンEの効果とは?

ビタミンEも美白になる食べ物としての効果が期待できます。ビタミンEは、血行を促進することで、肌の新陳代謝を促す効果によりシミやシワ、美白効果が期待できます。この為、夏など、紫外線が強く、日焼け後の肌の回復効果も期待できます。

また、抗酸化作用がある事から肌の老化や生活習慣病の予防などの効果も期待できます。

 

ビタミンEを含む食べ物とは?

アンコウの肝、すじこ、キャビア、アユ、いわし、いくら、たらこ、
アーモンド、松の実、落花生、とうがらし、せん茶の茶葉、抹茶、
サフラワー油、トウモロコシ油、菜種油、マーガリン、マヨネーズ、
クラッカー、ピーナッツバター、ゆず、アボカド、カボチャ、ゴマ

 

ビタミンEを含む食べ物の効果的な取り方とは?注意点は?

ビタミンEは、ビタミンCと同時に摂ることで相乗効果で、より効果が期待できます。

 

ビタミンEの摂取量

ビタミンEの1日の摂取量の目安は、成人男性は7mg~900mg、成人女性は6.5mg~700mgと肌があります。美白効果を期待する場合には、100mg~300mgは取りたいところです。

ただし、ビタミンEを摂りすぎると血液が固まりにくくなったり、骨粗鬆症になりやすくなるので心配な人は、医師に相談しましょう。

 

ビタミンA(レチノール)の効果とは?

ビタミンAは、美白になる食べ物としてはレチノールとも言われる成分です。ビタミンA(レチノール)は、皮膚や目、粘膜、髪などの健康を保つ効果があるので、美白効果を期待してビタミンCを摂る時に、同時に摂りたい成分です。

 

ビタミンA(レチノール)を含む食べ物とは?

鶏レバー、豚レバー、牛レバー、たまごの卵黄、ピ-タン、
アンコウの肝、うなぎの肝、ウナギのかば焼き、ホタルイカ、
乳脂肪の生クリーム、乳脂肪のホイップクリーム、
マーガリン、バター、ビスケット、キャラメル、エクレア

 

ビタミンA(レチノール)を含む食べ物の効果的な取り方とは?注意点は?

ビタミンA(レチノール)は、油に溶けやすい特性があります。この為、料理をする時には、油で炒めて調理するのが効果的です。

ビタミンA(レチノール)は、摂りすぎると、頭痛や食欲不振、嘔吐、肝障害などの副作用を起こす可能性があります。また、妊娠中の女性は、胎児に問題を起こす可能性があるので注意が必要です。

 

ビタミンA(レチノール)の摂取量の目安とは?

ビタミンA(レチノール)の摂取量の目安は、成人男性は750μg、成人女性は600μgです。また、妊婦は、670μg、授乳中は840μgと言ったように、少し多めに摂取する必要があります。

 

リコピンの効果とは?

リコピンは、トマトに含まれている抗酸化作用がある点で有名です。リコピンの抗酸化作用は、ビタミンEの100倍とも言われています。

美白になる食べ物としてのリコピンは、紫外線の影響によるメラニンの抑制効果が期待できます。メラニンを作る酵素としては、チロシナーゼという酵素があります。リコピンは、このチロシナーゼの働きを抑制します。

この為、リコピンは、日焼けをする前後で、シミが出来るのを抑えて、美白効果が期待できます。

 

リコピンを含む食べ物とは?

ミニトマト、スイカ、グレープフルーツ、トマト、柿、
トマトジュース、ケチャップ、トマト缶

 

リコピンを含む食べ物の効果的な取り方とは?注意点は?

リコピンは、トマトに含まれているのが有名です。特にリコピンの特徴としては、生のまま食べるよりも料理をして加工した方が沢山、リコピンが取れる点です。

この為、リコピンは、油で炒めたり、牛乳と一緒に摂ると効果が期待できます。この為、トマトを使ったパスタやリゾット、などが効果的に摂れます。

 

リコピンの1日に必要な摂取量とは?

リコピンは、1日に15mg以上を摂るのが理想的だと言われています。

 

食事はバランスが大切!

美白になる食べ物を色々と紹介してきましたが、基本的には、ビタミンCを中心に、それ以外のビタミンP、ビタミンE,リコピン、ビタミンAなどをバランスよく、日々、食事からとるのがオススメです。

食事で美白になる食べ物を摂ることで、美白効果が期待できますが、ただし、摂りすぎると副作用を起こす食べ物や栄養素もあるので注意が必要です。

 

美白化粧品などの化粧品も併用する必要がある!?

食事で、美白になる食べ物を多く取れば、お肌が白くなる効果が期待できます。しかし、紫外線対策など、シミやそばかすなどの色素沈着を予防する対策は必須です。

また、シミやソバカシを作らないためには、美白化粧品も利用する必要があります。この為、美白になる食べ物を取りつつも、日焼け止め、UVカット、美白化粧品で新しくシミやソバカス、くすみができないように注意する必要もあります。

 

お肌のターンオーバーを促進して新しい肌に入れ替える!?

年齢を重ねると、お肌のターンオーバーが遅くなり、シミやクスミが目立ちやすくなります。

その為、美白になる食べ物を摂り、美白化粧品や紫外線対策を行うのは非常に重要になります。ただし、お肌のターンオーバーが遅くなっていると、どうしても新しい肌細胞が出来るのが遅れるので、シミやクスミ、ソバカスが、目立ちやすくなります。

この為、お肌のターンオーバーが遅くなっている場合には、お肌のターンオーバーを促進して正常に戻して、古い角質を取り除き、新しい肌を表面に出すことで、シミやそばかすを早く取り除く事も可能になります。

 

遅くなったお肌のターンオーバーを正常に戻す方法

遅くなったお肌のターンオーバーを正常に戻す為には、十分な睡眠、ストレスを溜めない、適度な運動、栄養バランスのとれた食事など、生活習慣を整える事が大切になります。

しかし、生活習慣を変えるのは、なかなか、難しいと思いますが、少しでも変える事を心がける必要があります。

 

手軽にお肌のターンオーバーを促進する方法

さらに、遅くなったお肌のターンオーバーを促進する方法としては、ピーリングがオススメです。

ピーリングは、意図的に、古い角質を取り除くことが出来るので、シミやそばかす、クスミなどが濃くなった古い皮膚を簡単に取り除くことが出来るといった特徴があります。

 

まとめ

美白になる食べ物を取りつつ、美白化粧品や日焼け止め、紫外線対策、UV対策で、新しいシミ、ソバカス、クスミが出来ないようにしつつ、お肌のターンオーバーを促進する為に、ピーリングを取り入れると効率的に美白になる効果が期待できます。